*

めだかの水草

めだかと相性の良い水生植物

ホテイアオイ

ホテイアオイの根はめだかの産卵床に抜群威力を発揮します!

どういう訳か、とにかくめだかが好んで卵を産み付けます。

外でビオトープなどでめだかを飼うならぜひ入れたい水草です。

ホテイアオイは強い太陽光がないと枯れてしまいますので

ホテイアオイを育てるには外がベストです。

夏限定です。

ガボンバ

昔から金魚藻で定番の水草です。

良く売られているので一番手に入りやすい水草

育てるには、やはり強い太陽光が必要で、長く育てれる方は少ないようです。

どろどろに腐ってしまします。

個人的にオススメしません。

マツモ

金魚藻のガボンバに似ていますが、こちらは根を持たない浮遊植物となります。

繁殖力が非常に高く、水槽に蛍光灯でもどんどん成長します。

水質浄化の作用も高く、めだか飼育に使われます。

産卵床としては、めだかが卵を産み付けるのに滑るのか、あまり好まないようです。

アナカリス

こちらも金魚で有名です。

強靭な生命力の水草で、どんな環境でも成長するイメージがあります。

好んでめだか水槽に入れる方は少ないようです。

 アマゾンフロッグピット

丸い葉が特徴の浮草

見た目の可愛らしさから人気のある水草です。

めだかの稚魚の隠れ家になったりします。

水質浄化作用も良いです。

どんどん増えます。

フィランサスフルイタンス

日が当たると赤くなる美しい浮草

柔らかくておいしいらしく、虫に食べられやすい。

サルビニア

強靭な繁殖力のある浮草

水面びっしりになる事があるので、

定期的に間引きする必要があります。

ウィーローモス

糸状のコケの種類

沢山の種類があり、丈夫でよく増えます。

めだかの産卵床も使えます。

睡蓮

外で育てるのなら是非挑戦したい水草です。

花が綺麗ですし、水面に浮く葉はとても魅力的です。

熱帯睡蓮と温帯睡蓮があり、熱帯の方は外で冬越しは厳しいかもしれません。

また、温帯睡蓮の方は大型の種類ばかり目にします。

ビオトープ向け水草

ナガバオモダカ

ウォーターマッシュルーム

ウォーターバコパ

アサザ

ウォータークローバー

パピルス

他にも沢山の水草があります。

お好みでレイアウトして楽しむのも良いですね!(^^)!


公開日:

PAGE TOP ↑