*

稚魚の育て方

糸のように細く小さい稚魚

メダカの稚魚

ふ化したての稚魚

 

ふ化したてのメダカの稚魚はとても小さく繊細なので、育てるのに難しく感じますが、

ちょっとのポイントを押さえると案外簡単に育てる事が出来ます。

 ふ化したての稚魚はエサを食べません。

ふ化したての稚魚は、お腹に栄養分が詰まったヨークサックと言う袋が付いていて、その栄養分がなくなるまでエサは必要ないのです。

栄養分は約3日で無くなりますので、

そのタイミングでエサをあげます。

ふ化3日後、エサを少量あげてみて

エサをつついている様子だと食べています。

まったく反応が無い場合は、まだ早いです。

食べなかった時は、スポイト等でエサを取り除き水の悪化を防ぎます。ラムズホーンなどの残餌処理班がいれば取り除く必要はありません。

餓死に注意

ヨークサックの無くなった稚魚は、絶えず餌を食べて大きくなります。

一日、3回は給餌するようにします。

いつでも口にエサが入る状況が好ましいです。

一日に何回もエサをあげる事が出来ない場合

仕事があったり、時間があまり取れない方は、

一日に1度しかエサをあげれない事が多いかと思います。

そういう場合は、ほとんどの稚魚が餓死します。

そうならないようにするには、浮草等の水草を多く入れて、自然に沸く微生物を食べさせるようにします。

自然微生物でかなり生存率を上げる事ができるはずです。

グリーンウォーターで稚魚を育てる

稚魚の育成でグリーンウォーターを使う方法があります。

グリーンウォーターとは、植物性プランクトンが発生した水で、字のごとく

緑色の水です。

実際グリーンウォーターで育てた方が、稚魚の生存率が良いです。

 

グリーンウォーターの作り方へ


公開日:
最終更新日:2017/02/05

PAGE TOP ↑