*

めだかの種類

めだかには色々な種類があります。

日本でめだかと言うと日本めだかを指します。

ここでは、日本めだかの種類、改良品種の紹介します!

 

初心者でも飼いやすい品種

普通種メダカはおもに色で種類を判断します。

黒めだか

青めだか

白めだか

楊貴妃

幹之めだか

琥珀

 

上記の色で他の種類は、体形で区別されます。

 

たとえば、

光体形白めだかとか、楊貴妃ダルマめだかとかです。

すべて、同じメダカなので一緒に育てると、交配して

雑種が生まれます。

 

光体形

尻びれの遺伝が背ビレにも表れた形で背ビレが尻ビレが同じ

上下対象となる形です。また、

本来下にだけあるグアニン光の要素が背中にもある為、

背中が光って見える品種です。

 

ダルマめだか

背骨の数が少ない為、体が短く、まんまるなメダカです。

とてもかわいらしく人気があります!

この体形の為、繁殖は難しく、繁殖させたいなら、

ダルマめだかよりも少しだけ長いショートめだか(半ダルマ)を

使います。

 

出目めだか

割と最近の品種で、出目金のように目が飛び出ています。

普通種と同じく飼育は容易いですが、繁殖させても、出目で生まれる確率はよくありません。

 

ロングフィン

今もブリーダーの中で試行錯誤して改良途中の品種で、

ひれが長くなります。

固定化が進んではいますが、まだまだです。

出回っている種は、高額になっています。

 

体内光

幹之めだかの中で体内から光を発している種

何が光っているのか分かりませんが、とても幻想的で魅力があります。

飼い方は普通種と変わりはないです。

以前、クラゲの遺伝子を組み込んで作られた

遺伝子組み換えメダカがいましたが、体内光メダカとは関係がないそうです。

 

アルビノめだか

透き通るような白い色赤い目でとてもきれいなメダカです。

個人的にとても好きなメダカです。

アルビノ全般に言える事ですが、メダカでもやはり、弱視で

普通種に比べると弱く、生存競争に負けてしまします。

アルビノを買わなくても、繁殖していたら生まれてくる事がありますので、

アルビノの稚魚は、普通種と別にして飼います。

ラメめだか

全身にキラキラ光るラメを付けたようなメダカです。

銀河メダカ(シルバーメダカ)

ラメ幹之メダカなどが有名です。

大きめな鱗が所々にあるのでその鱗が反射して光っています。

子供にも遺伝しやすいのでキラキラめだかの水槽にすることも出来ます。

この他にも多種多様な種類がいます。

ブリーダーによっても名前が違ったりしますので、

ここでは一般的な品種を紹介しました。

 

お気に入りのめだかを見つけてくださいね。

 

 

 

 


公開日:
最終更新日:2017/02/07

PAGE TOP ↑